Here is why I decided to cut my hair off.

小さいころからずっとロングヘアで、髪の毛が長いのが「女の子らしい」と思っていたし、大人になってからは「セクシーだ」と思ってた。パーティーに行く前はコテで巻いたり、ストリートな気分のときは編みこんだり、スポーティーなときは頭のてっぺんでポニーテールをしたり。色んなスタイルを楽しめるからっていうのもあって、物心ついたときからずっとロングだった。途中、大学時代はちょっと趣向が変わって、特殊カラー(ピンクやら青やら)だったり、”女性らしさ”を追い求めてのロングヘアではなかったせよ、結局ロングヘアは女の髪型の中で一番だろうってずっと思ってた。

 

I’ve always had something for long hair. I always believed that long hair was a way to be “girly”- as I grew up it shifted to a way of looking “sexy”. Also it might be difficult for guys to understand this but it’s easier having long hair to enjoy all sorts of styles; When I wanted to go for street style I braided my hair, before parties I’d curl my hair, for a cool and sharp style I’d straighten them up. So I’ve always had long hair for almost all my life I guess. When I was in college I started heading to a totally different direction- I did have long hair but I dyed my hair bright pink, vivid blue etc…. which I did not do because I thought it was sexy or feminine but because I wanted to look “edgy” and that was all I had on my mind. But yeah, that only lasted for like what, 2 years or so in my life and  I always have thought that long hair is the best hair for girls.

 

実際世の中の男性的にも、ロングヘアー=女性らしさ なのだと思う。どの雑誌のどの男性インタビューでの「どんな髪型の女の子が好き?」とかいう質問の大体トップは「サラサラの黒髪ロングヘア」とか「暗めの茶色に染めてるゆる巻きのロングヘア」とかが多い印象があるし、実際私も今まで付き合ってた人は大体ロングの女の子が好きで「髪の毛切らないで」ってお願いされてたこととかも経験としてあった。

 

I guess long hair has always been the symbol of femininity (may be not in some regions but in Japan I’m pretty sure). I’ve read lots of magazines with male interviews and there is always this question “What hairstyle do you like on girls?” and it’s always either “long black straight hair” or “dark brown subtly curled long hair”. Most of my ex boyfriends preferred me having long hair and some even begged me never to cut it off!

 

大学生時代はとにかく派手で、エッジーで、目立てばいいと思い込んでいて、その当時は男の人にどう思われようがどうでもよくて、「自分は普通じゃない、みんなとは違う」ってことを言葉でも見た目でも主張したがるそんなアホな学生だったんだけど、そんなことはすっっっかり忘れて社会人になって、彼氏がいな~い 彼氏ができな~い 男の人にモテな~い ってわめきはじめた。友達はどんどんしっかりとした企業に勤めているエリートと付き合いはじめたり、フェイスブックの投稿はウソみたいに婚約結婚の投稿で埋め尽くされていくし、あれ、私達の時代って晩婚化じゃなかったの?ってポカン・・・・・・としてる場合じゃねえ!と思って、どんどん私は「一般的なモテとはなんだろう?どうしたら普通に男性にウケるんだろう?」ってことを考えるようなつまらないOLになっていってしまった。服装もガラっと清楚系に変えたり、メイクも落ち着かせて(こんくらいのアイラインだったらOKか・・・いや、跳ね上げすぎか?)(この服なら露出も少ないし引かれないかな・・・これ買おうかな・・・)とか毎日奮闘する日々。髪の毛もロングで前髪を作ってゆるふわ巻きにしたり。そんなのが2017年ずっと私の意識の中にあって。

 

When I was in college I wanted people to think that I was different from everyone else. I was shouting that out on my social media and blog, I was acting like that, and I made myself look different by dying my hair pink and blue. That’s very stupid as well but then came the worse. I started working at a company and everyone around me started their career as well, and then girls started dating guys who work at a great company and guys started dating girls who look very neat and subtle. So many got engaged, married, pregnant and my Facebook feed was filled with their status updates. I was like -WAIT. Is this shit really happening? But I was in a rush so I started thinking ways I could become one of them. How should I dress to look appealing to guys? How should I put my make up on without looking “too much”? Do I have to dye my hair darker so that guys would look at me like a serious, cute girl? These questions chased me around the whole year.

 

でも、年末、自分の一年を振り返って「私は何を考えていたのだろうか」とようやく目が覚めたのです。モテたいとか、彼氏が欲しいとか、男性に魅力的に思われたいとか、全てくだらないことだと。自分の魅力は、この長い髪の毛にもなけりゃ、薄いメイクをした顔にもない。地味で当たり障りのない服を身にまとって、ハッピーじゃないのにハッピーなフリをして、世間一般によく思われたいがために自分の本当に好きなものとか自分のキャラクターにフタをしてなかったことにすればいい。そんなことして自分が周りに魅力的に思われて私は本気で嬉しいんかと。もっとシンプルに生きるべきなんじゃないのか。自分は自分でそれは変えられないし、自分のありのままを好きになってくれる人だって35億のうち1人くらいどっかに転がってるんじゃないか。というより、こんな考えにとらわれている自分がそもそも非常にネガティブで魅力的ではないのだからこんなことしても一生誰かに素敵と思ってもらえもしなければ、自分で自分のことを「私は素敵」って認めてあげることも出来ないんだから。

だから私は年末、この「世の中が信じている女性らしさの象徴」と「人によく思われたい欲」を全てリセットする誓いと共に、髪の毛を30cm切りました。

 

But then I had an epiphany at the end of the year when I was alone thinking back about the whole year. WHAT THE HELL WAS I THINKING. None of my appeal exit in my long hair, nor my face with subtle make up on.Wearing clothes that I don’t even like just to make a good impression and pretending to be happy when I’m actually not, putting a lid over my actual character and my personal taste in style. After the epiphany I could not understand myself how I would be happy by being liked of who I am actually not. I should live more simple – I can’t change who I am and I should be liking that and OWNING that. I suddenly hated myself for having such negative feelings about myself that I felt like I needed to pretend being someone else!  I realized by all the actions I took this year, I haven’t been able to love myself and to give credits to who I am. That is why I decided to let go of my hair – to show myself that I have made a vow that I throw away the desire I had to make good impressions to people.

 

最高の一言。物理的に頭を洗う手間と乾かす手間が半減したということも最高の一部分。だけどそれ以上に30cmの毛束が床に落ちていくのを見たときに、今まであった余計な邪念とか、私が変に自分を縛り付けていたものとかが全部切り離されて、「私、自分のこともっと好きになれる気がする」って本気で思えたから、最高の気分になった。

 

ロングヘアを否定しているわけではないのはここまで読んでもらえばわかると思う。別に、ロングヘアの女の子が男に媚びているとも、女の子らしさを意図的に作り出してるとも言わない。ただ、私のケースとしては、自分に似合う似合わない・この髪型が好き嫌いの問題以前に、「周囲」を気にしている自分の意識が反映されているのが長く伸ばした髪だった。

 

Oh I just LOVE my new haircut. I actually never realized it was this easy to wash and dry my hair… but moreover, as I saw my 30cm hair falling on the floor, I felt like all my adhesion has been dropped and released from all the stupid curse I had on myself. It felt so great to look myself with short simple hair in the mirror after the haircut.

If you have been reading right, I think you’ll understand that my intention of sharing this story is not to dis girls with long hair. I am not saying that having long hair means that she is trying so hard to get good impression from guys or creating femininity intentionally. I honestly love long hair style as well. Just that in my case, the reason I kept my hair long was not because I thought it suit me the best or because I loved it, it was just because I was trying to look myself look good in other people’s eyes for the last couple of years.

 

2018年は、とにかく自分に費やしてあげよう。自分らしさを大切にして、モテるとか周りによく思われることを頑張るなんてやめて、自分そのものをもっと高めてあげる努力をしよう。そうやって生きていかないと、自分が自分でいる理由がよく分からなくなってしまうから、そういう風に自分に自信をつける基盤を作る一年にしよう。そんな想いを持っての30cmとのおさらばでした。

 

 

2018 is going to be very different from the one before. I’m going to spend it on me. I’m going to appreciate who I am, stop caring about what people think of me, and strengthen the foundation for self-confidence that I will start building up, starting now.

 

 

Thanks for reading and stay tuned for my next post.

x

Lisa

 

 

PS. ちなみに、ヘアカットをお願いしたのは渋谷のBloc、担当者は森田りょうさん。カラーもカットも素晴らしいので是非!

The salon I always go to when I need to change my hair is Bloc in Shibuya, and I always ask Ryo Morita to do my hair. He’s super in coloring & cut- one of the best in Tokyo!

2 Comments

  1. n
    2018年1月8日

    最初見た目だけで可愛いからインスタフォローしてたんですけど、このブログ見て中身も素敵だなと思って好きなインスタグラマーになりました!

    返信
    1. 石渡リサ
      2018年2月13日

      Nさん

      コメントありがとうございます!
      すごく嬉しいです〜〜、これからもそんな風に思ってもらえるよう活動頑張りますっ。

      返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll to top