Why wear make up?

コスメティクスの会社で働いていると、日本のメイクトレンドだったり、日本人のメイクに対するインサイトが必ず重要になってくる。だから、会社にはいるまでは知らなかったメイク事情について学ぶ機会も、考える機会もとっても多い。

日本の女性って、文化の影響が強いのかもしれないけど、いい意味でも悪い意味でも、慎ましい。

そこまで化粧品やメイクアップに興味がそもそもない女性にとって、メイクはあくまで“エチケット“(これも変な話だけど。男の人はいつもすっぴんでもいいのに、女性となったら急に外にすっぴんで出たり、仕事で接客したりしたら「失礼」とされるのって一体どういう理屈なのか、しかもその訳のわからない理屈が社会的に当たり前とされていることにもすごく違和感をおぼえる)。

メイクが大好き!コスメ大好き!って言ってる女性は、おしゃれの一環としてメイクが好きなのだろうけど、今日本で流行っているメイクは「本当に塗ってる?それ」っていうくらいのレベルで、”すっぴん風メイク“ とか ”抜け感メイク“ とか “まるで何も塗っていないかのようなんだけど、可愛く見えるメイク”らしい。

もちろんそれに当てはまらないエッジー・奇抜・派手なメイクが好きな人もいるけど、世の中的に、マス的に主流なのはこのトレンド。

あと日本の雑誌をみていて思うこと、これはメイクに限らずファッションも、ヘアもなんだけど、とにかく “愛され” とか “モテ” とかいうキーワードが多い。

Ever since I started working at a cosmetics company, I have been learning Japanese make up trends and the the girls’ insight of make up.

In Japan, may be because of our peculiar culture, women is very modest and subtle.

Women who don’t have interest in make up in the first place – these people think of make up as an etiquette. Something they have to do as a manner, to be polite (which already doesn’t make sense at all because men never wear make up on to be polite but just because we are women, if we don’t have make up on that can be considered “rude”…? So messed up).

Even those women who love make up and cosmetics, for them it’s a part of fashion but now, the trend in Japan is to wear make up so that it looks like you naturally look like that…. (= “no make up” make up), or looks that make you look “beloved”.

Of course some women are very edgy here in Japan too, but right now I’m talking about the “mass” trend.

It’s not only make up though, it’s also how Japanese women dresses and also their hair. Many magazines use the word “beloved” “cute” sweet” “attractive” to describe a style.

*Attractive in Japan usually means “innocent”, “sweet”, “weak” looking girl. Unlike other countries, men in Japan don’t like obvious sexiness.

ファンデーション→厚塗りだと男性ウケが悪い→だからすっぴん風の艶肌。

アイメイク→濃かったり、派手な色をつかうと男性ウケが悪い→だからアイラインは細く、ぼかして、マスカラも一度塗り。

眉毛→ くっきりしすぎていると強そうな印象になって男性ウケが悪い→ふんわり太めに、輪郭が強くですぎないようにぼかす。

リップ→ 派手な色だとキスしたくないって思われそうだし男性ウケが悪い→ ベージュピンク系が無難、マットリップよりツヤツヤしてる方がいい。

みたいな思考回路。

こんなメイクです。図を描いて見ました。

Foundation: Thick and heavy layer is not attractive for men => need to make it look like natural skin, so very thin layer and add some glow

Eyes: Eyeliner, heavy mascara is too much for men => thinnest line you can draw and yet blend that line using a shadow to avoid harsh edge. Puts transparent mascara/prefer brown mascara than black because black is too bold.

Brows: Brows with defined shape gives strong impression to men => Well blended, fluffy finish

Lips: Men don’t think bold colored + matte texture are kissable => pinkish beige with shiny texture, or transparent gloss.

つやつやっとした肌質、強調しすぎないアイメイク、目の下に横長に入れたピンク系のチーク、眉毛は毛流れを生かしてそこまで書き込んでいない感じで、リップはつやっとぷるぷる薄めの色味。

別に可愛いですけどねー、こういうのも。ただこの子達ってなんでメイクしてるんだろうって考えた時に、“異性によく思われたいから”っていう第三者からの印象を操作するためのツールとしてメイクを用いてるにすぎないのかなと。要は、誰かのためにしてるメイクにすぎない。

もし、そういうメイクが自分を表現していて、満足しているならいいけど、もし、もし、本当はこういうメイクが好きじゃないのに、異性によく思われたいからという理由だけでこのメイクしてたら本当にやばいよね。

どのマス系メディアも、愛されメイク!男ウケメイク!とか、メイク特集の動機づけが不純すぎてもはや怖いんですけど。よくよく読んでたら、「このくらいのほんのり色味の方が、男性ウケも◎!」とか書いてあるから、、、何が◎だよ。

So, this is how it looks like if I were to draw the mass trend look in Japan.

Yeah I mean it’s cute I guess. It’s a completed look. But when I thought “why are they wearing this look?”, the only reason I could possibly think of what’s “because this look is what men likes”. They’re wearing this make up because they think people would like this look.

I can’t say that all of the girls with these look on have the above mind, may be some girls with natural make up on are really satisfied with their look and they’re wearing this make up because THEY like it. But if that’s not the case and girls are wearing this for men, it is SUPER messed up.

But you know what, reading magazines and web articles, I came to think that most of these girls are actually wearing this look because media and the guys around them say and convince that “THIS SUBTLE LOOK IS ATTRACTIVE”.

私にとってメイクとは、2つの目的があります。

1つは、自分のどうしても好きになれないポイントをかくして、より自分を自分の好きな自分に近づけるため。

結局すっぴんよりも肌がきれいにみせられるからファンデーションだってぬるし、まつげをもっと長く見せたいからマスカラを塗りたいと思う。

そしてもう1つは、自分という人間を表現するため。

メイクって、アートだと思っているんです。だって、好きな色を使って、自分の顔をキャンバスにして描けるんだから!!

だから私は季節にあわせて肌にのせたい色が変わるし、その日の気分によってメイクも変えるし、今日の私はこんな人だよ!っていうのを洋服でも同じだけど、メイクでも表現したいと思う。

今私がしたいメイクも描いて見みた。

Speaking of myself, I have two reasons why I wear make up on.

1. Because I want to hide my flaws and make myself look a better “me”.Of course I wear foundation on because I want to hide my blemishes and redness. It makes me feel more confident and I can make myself get closer to what I want to become.

2. Because I want to express myself though make up. I consider make up as art. I mean, you’re literally drawing on my face using lots of brushes and colors. If make up is not art, what is? That’s why I like to enhance seasons on my look, I change up the look depending on what I’m feeling or what style I’m going for on that day.

I drew something that shows what kind of make up look I’m feeling right now.

私は目力の強さ=かっこよさだとおもっていて、自分を”可愛い”というよりは”意志が強くて自立してる“女性としてイラストレートしたいから、アイラインは結構いつもキャットラインで太め・長めに引く。

同じ理由でまつげもバッサバッサにしたいから、マスカラもたっぷり。

最近あったかくてもうすぐ夏が来る〜!っていうこの高揚感はオレンジのアイシャドウで表現したい。

ハイライトをふんだんに使って顔を立体的に見せるのは自分ののっぺり顔をカバーする意味もあるし、このキラキラが肌にのっててそれが顔の角度を変えたときにきらめくのを見るとすごくテンションがあがるから。

アイブロウも、ボサボサに見えるのが嫌だから、しっかり整えて輪郭をくっきりと出すのが私の好きな眉毛。

リップはグロッシーなのも好きだけど、洗練されたマットリップの、コーラル系だけどちょっと暗いオレンジと赤の間、みたいな色がマイブーム。

という感じで二つを比べて見るともうものすごい日本の世の中で流行ってるものからはかけ離れてるわけですが・・・

I believe that having strong eyes can give a “cool / strong / independent” impression to people and that is how I want to be – this is why I like my eye liner to be long and thick and my brows to be bold and defined. I like to use shades that expresses seasons, so right now because the weather is getting springy, even close to summery, I want to use orange on my eyes and lips. So this turned out very different from the Japanese mass trend.

並べるとわかるんだけどこの絵、ベースは同じ顔なのね。

それに違うメイクをのせただけだから、そう考えるとメイクひとつでものすごく人の印象って変わる。

例えば欧米でいうと、日本的な”モテ“とされているあの純粋でキュートでナチュラルな感じよりは、

セクシーでアグレッシブで強そうな女性の方が好まれる傾向がある。

海外ドラマとか、海外で注目されているアーティストやセレブリティーを見ていてもわかると思います。

日本の男性がいまだに、「弱々しそうな彼女を俺が守ってあげたい!」とかいう謎の優越感ベースの趣向、「ケバい女はちょっときつそう」みたいな謎の偏見、「うるうる上目遣いでお願いとかされたーい!」「袖がちょっと長くて指先しか見えてなくて、てくてく歩いてるの可愛い」「すごーいとか言われるとやっぱうれしいっすね」(やばい、ここまで言うと今まで合コンに行って話をした男性批判になるけど笑)みたいな、自分よりちょっと弱くて、自分のことを立ててくれることを女性に求めている人が多いからこそ、それに応えようとして「需要」に寄せてる女の子が多いのかもね。

Comparing these two pictures that I drew, you can see that these two pictures have the same face.

I used the same face to drew them in different make up and colors. You can see how much make up can change one’s impression.

For example, in Japan “innocence” “purity” is attractive, but may be in the States and Europe, attractiveness is more towards “sexiness”, like wearing sexy make up look with a body conscious dress.

In Japan, it’s more like… ” she looks so weak, I want to protect her!”, “Girls with lots of make up on looks scary”, “I want girls to have watery eyes stare at me and ask for help” “I want girls to praise me”…… which is so gross to me but I guess that is why idols like AKB 48 is so popular here. Men like girls who looks less strong than them, girls who make them feel superior and girls now that because we are smart enough. And because we know that and because we don’t want to be the marriage-leftovers, we try so hard to meet the demand of men.

ナチュラルメイクも素敵だし、そういう気分の時もあるから、メイクが薄いとか色を使わないとかを批判しているつもりは毛頭ないです。

メイクって自分を表現できる一つのツールなのに、なんでそれをフル活用しないのか。

なぜ異性に気に入られるような、愛されメイクとかになびいてしまうのか。

(余談:今バブル時代にトレンドが音楽やファッションに戻ってきていて、あの時代の女性ってすっごきパワフルで強さがあってエナジェティックで、今の女性像よりファッション的な観点ではすごく欧米風だし個人的にはかっこいいと思うんだよね。今のうさぎさんか弱っぽメイクよりは断然メイクセンスする。

まだファッション止まりでメイクにはおちてきていないけどちょっと今後に期待。。)

純粋さ、か弱さを女性に求める男性も意味がわからないし、それに応えようとしてしまう女性が多いことも私は不満。

とにかく世の中の全女性に自分の好きなメイクをしてほしいし、「自分のために」メイクをしてほしい。

誰かのためではなくて。

I like natural looks as well. I do have moments where I feel like I go for a subtle look. I’m not hating on girls who wear colorless subtle make up. I am just so disappointed that even though we have this magical tool called “make up” to express ourselves, we are not fully using that.

Why wear make up just to meet the demand of this weird and gross “female image” of men?

Women should wear a look that they want to wear, not for ANYONE but for YOURSELF.

This is why I am saying, as long as you like the subtle natural look, it’s fine. Because yes, you aren’t maximizing the magic of makeup (you basically use brown when you have like thousands of colors you can use so that’s a lost opportunity), but you are wearing a look that YOU like. So that’s ok for me. But what’s not ok is if you don’t even like the look you’re wearing everyday for a guy just to make a better impression.

最近私がインスタグラムにあげた夏メイク。

This is the summer look that I posted on Instagram recently.

白ラインなんて、男性からしたら ナシ かもね。

私的には、夏を表現するために使った一つに爽やかな色。

だから、私的には、大アリなんだよ。

White eye liner! This is a total turn off for a men I guess.

But white is a color that I wanted to use to express summer.

So I don’t care what you might think- it’s a perfect look for me.

おわり。

Thanks for reading!

Love,

Lisa

⬛️FOLLOW ME!⬛️

Instagram: @lizzy718

Twitter: @lishy_eng

2 Comments

  1. ナナ
    2018年4月8日

    確かに最近は「モテ」や「愛され」をメディアが推しすぎてる印象が強いですよね。
    言いたいことはよくわかります。
    でも、OLさんなんて週に5日はオフィスで浮かないことを基本にした服装ですからね。
    自己表現よりも他人への配慮、人間関係に支障をきたさないということが、ひいては自分のためってことになるんだと思います。
    余談でバブルの頃の女性が高評価みたいですが、あの頃はあの頃で男性好みに合わせてたんじゃないでしょうか。
    しかも仕事は腰掛けで、自分で飲食代を金払うこともなく、今よりも男性の力を借りていた女性の方が多いのでは?

    返信
  2. 石渡里砂
    2018年4月8日

    ナナさん>

    コメントありがとうございます!
    私も週5で普通のOLしてるので、自分の会社はそうでなくても(化粧品なので比較的みんな自由にメイクしています)、普段お仕事をする他社の営業さんなどを見ていますし、ナナさんがおっしゃる通り「社会の偏見から自分を守る」ことになっていると私も思います。同感です。

    今回のブログの切り口は「モテ・非モテ」というテーマを選びましたが、私が究極的に抱いている思いは、「メイクで人を判断するような社会」でいいのか?というところです。メイクを楽しんでいる人は不真面目、素行が悪い、仕事ができない、印象が悪い、だから薄めに、だけどスッピンは先方に失礼だから駄目だ!ケバい女は好きじゃない!なんて。

    じゃあ裸で会社に行きたい人は行っていいのか?と言われたらそれを許す社会を理想としているわけではないので極論として受け取らないで頂ければと思いますが。。。笑

    確かに、バブル時代のメイクも、その当時の男性の趣向に合わせてのスタイルだったのかもしれないですね。
    ただ、あの時代は、今より女性が弱かったはずですよね、、、社会的地位や金銭的にも。
    その時代に生きていたわけではないのでイメージやメディアの描く当時の雰囲気しかわかりませんが、今はあの時代より女性が働きやすく、社会的にパワフルになってきているはずです。今でもまだまだ日本は遅れているけど、少なくとも何十年前のあの時よりは。

    あの頃のまま今の時代にカムバックしたら確かにナナさんのおっしゃる通りになるかもしれませんが、あの表現の自由度が”現代の女性”にカムバックしたら、より女性がかっこよく生きれて、それがわたしたち女性の意識に定着すればそれがスタンダードになるかもですよ!

    We have to try and change ourselves to change others! 🙂

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll to top