Tattoo is not a taboo // タトゥーが人に与える希望

日本には色んなタブーがある。程度はそれぞれだけど、例えば電車の中で電話しちゃいけないとか、初対面の人を下の名前で呼んだらダメとか、串カツ食べに行ってタレ二度づけする、、、、、とかね。社会倫理に反しているからタブー、心象が悪くなるからタブー、なんとなくみんながタブーと思ってるからタブー。

 

あげたらキリがないほど、日本にはタブーが多い。

そのうちの1つに、「タトゥー」というタブーがあります。

 

私自身はタトゥーになんの偏見もない。欧米ではいたって普通だった。

最近では日本でも、ファッションとしてもとらえられることが昔よりは増えたのかもしれないけど、それでもまだまだ受け入れられてないのを日々日本社会で生活していると感じてしまう。

「タトゥーがあるから仕事に採用されなかった」なんて話は都市伝説だと思っていたけど、実際にそういう子も周りにいたくらいに身近に起きてた。

 

タトゥーが入っているから何かしらで生活がしづらくなったり、何かをするにあたって障壁になることって、欧米では本当に少ないと思う。

日本では、障壁になることばかり。

変な目でジロジロとみられるかもしれない。ちゃんとした仕事に就いてないとまで思われてしまうかもしれない。ああ、日本の古臭い考え方だな、、、と今すぐにでもタトゥーに偏見がある人を非難したい反面、それもこれも日本文化に起因することが多いから、もはや個人の問題ではないんだろうなとも思って、いかにこ難しい問題なのかを感じてしまう。

文化的・社会的背景を差し置いたら、なぜタトゥーが入ってる人は同じ風呂に入っちゃいけないの?私のタトゥー入ってる心優しくてまじめで社会的モラルを持っている友達たちに失礼じゃないの?っていうのが私の純粋な感情。

 

でも、もう「タトゥー=非行・不良・社会不適合者」などというぶっとびなイメージを持っている人に対して、時代錯誤とか、短絡的な結び付けするの頭悪い とか、 グローバル思考が欠如してる とかそんな攻め方しても 「だって実際ヤクザは刺青入ってるじゃん」とかね、「オシャレタトゥーの人とヤクザのタトゥー人、例外を作らないように一概に”刺青”という共通項で省くしかないだろ!」とかね、それが事実だったとしても、なんか結局つまんない議論になっちゃうんだよね。

 

そんなのは文字打つだけ無駄だから、今回は「タトゥーってこんな一面もあるんだよ!」っていうのを紹介してみようかなと。

大前提として私はたとえタトゥーを入れるモチベーションがオシャレ、信仰心、友情の証、飲みすぎて入れちゃった、かっこいいと思っただけ・・・なんだとしても、個人の自由だしタトゥー1つで人の人格なんて他人に決めつけられてたまるかって思っている。あくまで、知らない人もいるだろうな~っていう、タトゥーの一側面を紹介して、知ってもらいたいなと思ったのがこの記事の意図。

 

タトゥーが実はある人達の希望の光になっているそう。

オシャレや宗教以外にタトゥーを彫りたいと思う人の中に、「手術痕や傷跡が身体に残ってしまった人」が世の中にいます。

この動画を是非、女性にも男性にも見てほしい!

乳がんで乳首や乳房を失った女性、消えない傷跡が胸元に残ってしまった人に芸術的なタトゥーを施して傷跡を覆って分かりづらいようにするという主旨の動画。

(乳がんで手術をしたうちの56%の人には乳房切除の傷跡が残っていて、その多くが乳首を失う傷跡であると、動画の冒頭に英語で書いてあります。)

乳がんを克服した女性の多くは、術後の胸の傷やその変わりように悩んで、苦しむそう。

気持ちはとっても分かる。私自身、乳がんの手術を受けたあとの傷跡とは比べものにはならないけれど、3年前に肺の内視鏡手術をして、右胸のすぐ脇に3箇所の傷跡がある。もともとケロイド体質で、傷跡がキレイに治らず、皮膚が隆起してしまうから傷のサイズよりもずっと目立つし、ビキニやタンクトップなどを切ると見えてしまう位置にあって、、、、やっぱり気になっちゃう。

自分の体に、消えない傷が残ってしまうことはとてつもないショックだと想像できる。

 

傷跡を見るたびに手術を思い出す、自分の魅力が失われた気がする、人が見たときにどういう印象を受けるかが不安、自分の何か大事な部分が欠けてしまった気がする、、、少し目をつむって自分に置き換えて想像するだけで色んな感情が湧き出てくる。

 

タトゥーは手術跡だけじゃなくて、生まれつきある母斑や、事故による傷を持つ人など色んな人の、頼れる手段でもあったんだ。

これを知った時。すごいなー。タトゥーって、オシャレとか自己表現とか、それだけじゃなくって、行き場のない悩みを抱えている人達に希望与えてるんだ!ってすっごく感動したしワクワクしたの。

 

IN PHOTO: NIKKI BLACK

Why Did Instagram Ban Photos of These Breast Cancer Survivors' Post-Mastectomy Tattoos?

(source: https://mic.com/articles/128679/instagram-just-banned-photos-of-breast-cancer-survivors-post-mastectomy-tattoos)

(source: http://www.ebaumsworld.com/pictures/awesome-breast-cancer-tattoo-coverups/84677861/ )

 

タトゥーが入っている人に対してネガティブな印象がない私でさえ、これを知った時にすごく感動して、今まで自分が知っている範疇を超えたタトゥーの魅力に気づかされた!

今タトゥーに対してあまりいい印象を持っていない人が知ったら、どういう風に変わるんだろう。

何も変わらないかもしれないけど、こうやって一人でも多くの人にシェアして伝わっていってほしいな。

 

p-ink.org というサイトでは、乳がんを乗り越えて傷跡が残ってしまっている人とタトゥーアーティストを繋げる活動をしている団体のHP。

日本ではまずタトゥーに対してのハードルが高いからこのような団体はないかもしれないけど、参考までに是非訪問してみてください。

 

PS. このブログを読んでくれている人の中にはきっとNYLONブロガー時代からブログを読み続けてくれている人もいるんじゃないかと思うんだけど、そう、実は大学生のときに一度これについての記事を書いています。その記事だけでPV数は十万以上あったんじゃないかなって思い出して、今はなき私のNYLONブログで反響の大きかった記事を今の私が推敲しながら今回のブログをかきました。再掲みたいになっちゃって申し訳ないんだけど、あの当時とは違う今の私の文章で書きなおしたから、ご容赦ください!

 

Thank you for reading!

Lisa

 

Instagram: @lizzy718

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Scroll to top